リリース

絶景よりも過ごしている風景や日常のこと、派手じゃないし人から見たら気に留めるようなたいしたものではないけれど、わたしにとって大切な小さな断片のようなものを撮りたい。ものごとのいい部分だけを濾過して抽出するような写真を撮りたいわけじゃない。良いも悪いも酸いも甘いもごったまぜになってるような、映画のような写真を撮りたい。

 

よくわからないけど、写真はわたしにとって世界とつながって思考する一つの手段であることは間違いなさそうです。しかも、どうやらそれは世界や人生をすこしだけわかりやすくすることに有効らしい。ということで、わたしは写真を撮り続けるんでしょう。

 

せっかくならいろんな方にシェアしてみたいと思って、ポートフォリオサイトを公開しました。

まとまらない思考の軌跡をここに載せていきますが、よければ見てください。