LIGHT-TIME COLLECTION

Kanji Okuoka 写真展
「LIGHT-TIME COLLECTION」

2021.8.7 – 2021.8.20
at TOUTEN BOOKSTORE @touten_bookstore

2020年の暮れ、友人に結婚写真を依頼されたとき、結婚という節目に対して、普段の生活に焦点を当てたいと思った。当たり前に過ぎ去ってしまう日々の営みが、結婚という非日常の根底にある。彼らの眼にわたしの眼を重ね合わせ、そのズレを通して、日常を包むものの所在を問う。

そんな中、2016年から2017年にかけて沖縄の南西諸島である八重山で暮らした記憶が蘇る。わたしは、八重山の人々の風土と共にある暮らしに衝撃を受けた。観光業をはじめとした生業に支えられながら、同時に知性や理解を超えた世界(=眼に見えない世界)の上に全体が成り立っていること。土壌に根を張って生きる人々の言葉には重みがあり、生きる基本形を見たように感じた。

さて、これらの時間軸、空間、どれもが一見バラバラな体験と思考は、形なきものが形あるものを支えているという構造において、共通していないだろうか?
前者では、(日常) と (非日常) との関係、後者では、(眼に見える世界) と (眼に見えない世界) との関係において、 (非日常) / (眼に見える世界) を「図」、 (日常) / (眼に見えない世界) を「地」とすると、図の地との反転を通して、地を地として輝きにあふれたものとする感覚である。

この構造を “わたし” に置き換える。
わたしたちは普通、わたしというものをその身体性において理解している。しかし、実際にはそれは身体の輪郭を超えて、ある拡がりをもった空間を含むものかもしれない。身体という図と、環境や他者という地を含む、二が一であり、一がニである空間である。
つまり、友人夫婦の生きる世界と八重山の世界、わたしの世界との関係は、異界の遠い場所ではなく、それぞれが地続きで関係する可能性があるということ。
このような日常感覚の奥行きがある世界をわたしたちが生きている限り、自分の身体を(環境や他者という)偶然に委ねながら、動かしていくこと自体に意味がもてるのではないだろうか。そして、偶然性を受け入れる中にあってこそ、“わたし” は “あなた” に接近できるのかもしれない。

===

GALLERY EVENT
日常を味わう読書会
◎日時
8.9 (Mon) 10:00~12:00
8.14 (Sat) 18:30~20:30

◎定員
両日程それぞれ7名

◎参加費
1500円+書籍代
( ※ドリンク・スイーツの代金を含みます。)
( ※書籍代は2000円以内でこちらでセレクトします。)

◎ご予約
ご希望の日時 / 氏名 / 住所 / 連絡先 を明記の上、下記メールアドレス、もしくはDMにてお申し込みください。
返信をもって、予約完了とさせていただきます。
jiyueiga@gmail.com

PLACE
TOUTEN BOOKSTORE @touten_bookstore
愛知県名古屋市熱田区沢上1-6-9
(電車でお越しの場合、金山駅南口徒歩7分)
(お車でお越しの場合、近隣のパーキングをご利用ください。)